読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Kinoma Create ミートアップ」に参加してきました

センサー プログラミング IoT、M2M

 昨日11月26日に催された「Kinoma Create ミートアップ」に参加してきました。

 

 「Kinoma Create」はアメリカMarvel Technology GroupがリリースしたJavaScriptで作れるInternet of Thing( IoT)キット」です。クラウドファウンディングIndiegogo資金調達し、アメリカでは支援者へ出荷されているとのことです。日本ではSWITCHSCIENCEさんから発売されることが先日発表されていました。

 このKinoma Create、日経コンピュータ下北沢でのミートアップ等、日本でも度々取り上げられていたようで、日本での発売を前に、11月23、24日で開催された「Maker Faire Tokyo 2014」への出展、そして今回のミートアップとイベントが続いたようです。

 

 前置きはこの辺にして、今回の中身に入っていきましょう。会場は外神田の「アーツ千代田 3331」です。このアートセンターに関する詳しい説明はこちらをご覧ください。

f:id:yamaryu0508:20141126082424j:plain

今回の会場はその一番奥のラウンジ。落ち着いた空間です。

f:id:yamaryu0508:20141126082837j:plain

テーブルの上には「Kinoma Create」とセンサーキットが置いてあります。

f:id:yamaryu0508:20141126082941j:plain

 「Kinoma Studio」と呼ばれる開発ツールをインストールしながら、開始時間を待ちます。続々と集まってくる参加者の皆さんですが、今回は定員50人で満員でした。おおよそ3人で1台を触る感じです。

 

 時間になると、Marvell Technology Group Kinoma Vice PresidentのPeter Hoddieさんのイントロダクションからスタートしました。なぜ、JavaScriptなのかというお話です。ちなみに、この方AppleQuickTimeを作られたことで有名な方だそうです(比較的Apple好きの私ですが、恥ずかしながら存じておりませんでした)。

f:id:yamaryu0508:20141126083518j:plain

(以下、私の拙いリスニングと通訳の方を介したことによる若干のズレがあるかもしれませんが、悪しからずお読み頂ければと思います)どんなPCでもプログラミング言語を考えるものだということで、ベストではないと思うが、Kinoma Createにはパワフルで広く使われるようになってきたJavaScriptを選択したとのことでした(昔のJavaScriptは酷かったけど、今日ではNodo.js等で使われるところまで来たと)。更に、ポイントを4点挙げられていました。

  • Manage the hardware(JSによるハードウェア制御)
  • Operate the user interface(HTML5レスのJSによるUI制御)
  • Coordinate communication(JSによるデバイスやクラウドの間の接続)
  • Digital media(JSによるマルチメディア制御)

通常であれば、異なるレイヤを結合するのに様々な言語を使い分けながら最終的にはCをリコンパイルしたりするところを、全てJavaScriptでやってしまおうという訳です。またそれ故に簡単だと。「Node.jsがソフトウェアを作るフレームワークなら、Kinoma JSはハードウェアを作るフレームワークだ。」「WebだけでなくIoTにもJavaScriptが必要になってくる。」と仰っていました。なるほど、Webの方々がハードを難なくさわれるところまでの親和性をいきなりもたらせるかはこれからだと思いますが、楽しみな試みだと思います。

 

 そして、ハンズオンなのですが、最初は入れたばかりの開発ツールは使わずにディスプレイのタッチ操作で設定していきます。

f:id:yamaryu0508:20141126091719j:plain

なんと、ピンアサインをタッチで決めていくんですね。しかも種別ごとに色が決まっていて、アサインすると四角の番号の所が色づき、Nullの部分が割り当てられた種別の名前に変わります。これだけで3色LEDを点灯させられます。結構な衝撃です。ここまでは一切プログラムレスな訳ですから。プログラミングせずに視覚的にハードをコントロール出来るというのは確かにモノづくりの敷居が下がります。まさに、スマホやリモコン感覚です。

 

 次に、サンプルコードをダウンロードして開発ツールからコードを流し込んでいきます。今度はRGBのスライダーが現れ、色合いをコントロールできるようになったではありませんか。サンプルを見ると厳密にはプログラミングとしてJavaScriptXMLでの記述が必要のようです。ここからUIを鍛えようとすると本末転倒な感じもしましたが、そういったUIセットは一通り準備されているとのことでした。

f:id:yamaryu0508:20141126092102j:plain

 そして、ピザやビールが振る舞われながら、最後になってしまったのがカメラです。シリアル通信するカメラとボタンをアタッチして、先程と同様サンプルコードを流し込みます。ディスプレイが緑色でスタンバイ状態になり、ボタンを押すと白くなった次の瞬間ディスプレイに静止画が現れます(70ミリ秒でボタンを押すイベントを監視している作りでした)。なかなか面白いです。

 

 今回は2時間であっという間でしたが、他にもサンプルが公式サイトGitHubにもありますので、色々と試せそうです。WAN側は無線LAN経由での接続を基本にしながら、センサー側はデジタルのI/O、アナログ入力、I2C、PWM等豊富なインターフェースを備えているので、組み合わせも様々いけそうです。今回はクラウドとの接続がなかったので、サンプルを眺めてみたいところです。

 

 ハードとソフトとどちらもかじっている私としては、なかなか楽しみな試みですので、今後もフォローしていきたいと思います。